いちご狩り

ブログ
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Tumblr
いちご
子育てブログという本来の目的を忘れそうになってきていたので、そろそろ軌道修正しましょうか(笑)
いつから子育てブログになったのかも定かではありませんがね。


先週末の土曜日に保育園で娘と同じクラスの男の子のT君一家と一緒に千葉までいちご狩り&マザー牧場に行ってきました。



とりあえず現地集合ということで、我が家は朝6時30分出発。
さすがに早く出発しただけあって道が混むこともなく順調。


アクアラインに入り、初の海ほたるで少し休憩。

余裕でいちご狩り会場に到着。


が、T君家族がなかなか来ない。
どうやら出口を1つ間違えたということで遅れる模様。



我が家は受付を済ませて待つが、土日ということもあってお客さんの数も多く、受付が締め切られてしまった…



制限時間は30分ということなので、とりあえずいちご狩りを開始。
いちご大好きの娘は目の前に広がるいちごの楽園に興奮気味。

次から次へと口に頬張っていく。
自分ら親よりも早く食べていくもんだから、こっちは落ち着いて食べてなんかいられない(笑)



小さい体で10個以上は余裕で食べたんじゃないだろうか?
下手すりゃ20個近く食べていたかも。


いちご狩りを終えたところでT君家族と合流。
せっかくだったのに残念でした。また何か果物狩り行きましょう。


休む間もなくマザー牧場へ。



寒い風の吹く中、子どもたちはテンション高く走り回ってる。
T君も段々とうちの娘のしつこさに慣れてきた(笑)
子どもたち


ご飯食べて、動物見て、アイス食べて、なかなか1日で回りきるのが難しい広さだったので、また来よう。


すっかり疲れて眠くなった子どもたちを抱えて現地解散し、我々はもう1か所、目的地へと向かう。



マザー牧場からおよそ30分ぐらいのところ、お世話になっている針の先生の別宅へ到着。

先生が1人で隠居生活をする為に購入したお宅。
山の中なんだけど、窓からは海が見えて、耳を澄ませば波の音が聞こえる素晴らしい環境。
入口も普通に通り過ぎてしまうような場所にあって、道を教えてもらって行っても簡単に辿り着けないようなところでした。


家はフランス人が日本の文化をふんだんに取り入れて建てたという建物でかなりオシャレながらも凄い落ち着く造り。
時計もテレビもパソコンもなく、ずっとボーッと過ごしていたくなるような環境でした。


アナゴ丼
日も暮れてきそうだったので、先生方と夕食を共にし我々は帰路へ。
元々、自分達よりも先に祖母が誘われていたので、今度来る時は祖母も連れてこようと思う。


神の住んでいそうな本当に素晴らしいところでした。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Tumblr