習い事について

娘の症状については一段落。

昨年の11月ぐらいからだろうか、週一で嫁さんと長女が親子フラダンスに通い始めました。
土曜か日曜の午前中で1時間。

何のキッカケかはわからないが、映画『フラガール』を見始めた娘たちがハマり出して、一時期は車に乗るときはいつもフラガールが流れていたぐらい。

好きなときにやりたいんだったら、やってみればいいし、飽きたらいつでも辞めたらいいと思っているのが、習い事に対する自分の考え。
辞めたいと言われても無理に止めたりすることはないでしょう。

自分なんかも飽きっぽい性格なので、そろばん・習字などなど小さい頃の習い事は、すぐに飽きていつの間にかサボるようになり完全に行かなくなって終わりということを繰り返していたわけで、娘たちに強制させるわけにもいかないですからね。
習い事の範疇ではないけど、唯一続いたのが格闘技だったわけで、色んなことをやってみて本当に続けられそうなものがあれば続ければいいと思ってますけどね。

そんなわけで先日の日曜日にフラダンスの初めての発表会があったわけです。
家の近くの地域のお祭りの中ではあるものの、ちゃんとホールのちゃんとした舞台で踊ってました。

練習が足りない分、他の子たちとズレたりするところはあったものの、入り込んでしまって楽しそうに自信満々に踊っている度胸が凄いと思った。
今でも緊張しやすく人前が苦手な自分とは大違いで(笑)

楽しんでくれているなら良いかなぁと思うんですが、先生がとにかく厳しいようで親は大変な様子。
うちの嫁さんも自分よりは厳しい体育会系で育っているから、そこんとこは大丈夫なんだろうけど、生きてりゃその内どっかでとんでもなく厳しいことも味わうだろうし娘にとってはそれも良い経験かと思ってます。

前述のとおり、辞めたくなったらいつでも辞めればいいし、楽しんでやっているうちは静かに様子を見ておきます。

ABOUTこの記事をかいた人

元プロレスラー。2011年に現役引退。Webデザイナー/Webディレクター。 最近の趣味は筋トレ(エニタイムフィットネス巡り)。糖質制限しながらもビール・日本酒が好き。早くマイホーム見つけて独立したい二児の父。