入会して1年、24時間営業フィットネスジムで感じたメリット・デメリット

筋トレ 運動
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Tumblr

昨年4月に24時間営業のエニタイムフィットネスに入会してから1年が経った。

体調不良のときを除けば、コンスタントに週2回と結構マジメに行っている方だと思う。
行こうと思って準備万端にしていても、子どもを寝かしつけたまま自分も落ちてしまうことも多々あるが(笑)

4月終盤の現在で昨年より体脂肪で10%近く、体重で6kgほど減っている。

しかし未だにその成果がハッキリと見えてこないあたり、入会前はどんだけヒドイ体だったのか考えるだけで恐ろしくなってくる。

平日・休日と深夜・早朝・日中と色んなパターンで行ってみて感じたことをまとめてみた。

あくまで個人的に感じたメリット・デメリットである。

時間を問わずに行ける

24時間年中無休を謳っているのだから当然といえば当然のことだが、これは利用してみて本当に素晴らしいことだと思った。

改めて時間が空いて行きたいときにジム行けるってスゴイ。

独身で自分一人ならともかく、妻子あって子どもも小さく、子育て真っ最中の時期に時間が限られたジムに行くのは、時間の融通が利く仕事だったり、スポーツ選手だとかそれ自体を仕事にでもしていない限り厳しい。

以上に加えて、自分のような気分屋は急に行きたいと思い立つこともあったりして、そんなときには非常に便利なのだ。

次のメリットにもつながるのだが、24時間開いてるということは空いてる時間帯を選ぶことも可能なのである。

24時間開いていれば、必ずどこか空いている時間帯も出来てくるので、無理して日中の混雑時間帯に行かなくても良いのだ。
自分は仕事が終わって帰宅→夕食→犬の散歩→洗濯物が終了してから行くことが多いので、大体は深夜、時々早朝にも行くがそういった時間帯は空いていて非常に快適。

とにかく店舗が多い!そして世界中どの店舗でも利用可能!

エニタイムフィットネスは一度入会してセキュリティキーが発行されれば(入会後1ヶ月は初期登録店舗のみ)、世界中どの店舗でも利用可能になる。

これも自分にとって凄く大きなことであり、出かけた際にトレーニング用具を持っていれば、ちょっと空いた隙に近隣店舗があれば利用できるのだ。

実際に用事で出かけた駅のすぐ近くにエニタイムフィットネスがあったため、その日は用事を済ませた後にそのまま駅近くの店舗に行ってトレーニングしたこともある。

自分の生活圏内には現在4店舗あり、近々また1店舗増える予定で、あちこち行くのも気分転換になって良い。

ジムによって設備も変わってくるし、部位によって店舗を変えたりすることもできるのだ。

残念ながら自分の入会した店舗は設備内容が乏しいのだが、近隣でそれを補うだけの設備があるので、そこは凄く助かっている。

月会費がリーズナブル

店舗によって月会費が異なってはくるが、大体¥6,000~¥8,000ぐらいが中心。
もちろんロケーションによって少し高くなってくる場合もあるが、それでも¥10,000を超えるところは無かったと思う。

一般的なスポーツジムに入会して営業時間内使い放題の月会費だと安くても¥10,000~¥12,000ぐらいではないだろうか?
例外はもちろんあるでしょうけど。

現在登録されている店舗は税込で¥6,680/月なので、平均的な金額からすると非常に安いことがわかる。

ただし、自分が入会した登録店舗ではない店舗の利用が多くなってくると、利用の多い方の店舗へ移籍扱いとなり、登録店舗が変わってくることになり月額も移籍先の店舗に合わせた額に変更となる。

今月は自分がまさにそうなりそうな感じであるが、店舗が変わったところで上記の金額帯からは出ないので特に問題無し。

いずれにしても24時間使い放題で月会費が安いというのは、これもまた助かっている点である。

余計なスタジオプログラムなど一切無しのマシン特化型

これは人によってはデメリットに直結してくるのだが、エアロビクス・ダンス・ヨガなどのスタジオは無し、プールも当然無い。

あるのはフリーウエイトやマシンウエイトの器具とランニングマシン等の有酸素マシンとストレッチスペース。

トレーニング以外だと、あとは更衣室、自販機、日焼けマシン、シャワールーム、簡易ロッカー(ロッカーというより棚)、契約ロッカーという何ともシンプルだが、自分はこれだけあれば十分。

そもそも日焼けマシンは自分に関係ないし(笑)

前述のとおり器具は店舗によって結構違ってくるが、一通り全身を鍛えられる器具は揃っているような気がする。

24時間営業ジムの考え得るデメリット?

もう自分にとってデメリットと言えば、登録した店舗のウエイト器具が充実していないってことぐらいなのだが、それは他店舗利用で解消できるので、もはやデメリットに感じることは皆無に近い。

あえて一般的な考えに基づいて挙げるとすれば以下の点ぐらいだろうか?

・スタッフが常駐していない
・スタジオ、プールがない
・シャワーはあるが、風呂・サウナなどはない

ぐらいか?

とにかくデメリットを感じることが無いのでよくわからん(笑)

上記の点についてもデメリットとして挙げるよりも、そうだとわかって入会する人がほとんどだと思うので、納得できなければ有名どころの大型フィットネスクラブに入れば良いのではないかと思う。

ここまで自分の行っているエニタイムフィットネスについて書いてきたが、最近はジョイフィット24など24時間営業のジムが他にも色々と増えてきているので、住んでいる地域で他の24時間営業ジムがあればそちらを利用するのも良いかと。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Tumblr