西伊豆でオススメの地魚料理さくら

地魚料理さくら

昨日も書いたが、改めて伊豆で行った「地魚料理さくら」をご紹介。

量だけじゃなく味もヤバい!さくらの鯵まご茶定食

地魚料理さくら

こちらのお店の名物は「鯵まご茶定食」ということで、訪れた人の多くがこちらのメニューを頼むらしい。

というわけで我々夫婦も「鯵まご茶定食」を注文。

先に鯵のたたきが出てくる。

鯵のたたき

ところがこれはご飯の上に鯵が乗っているのではなく、鯵のたたきだけが丼いっぱいに盛られている状態!

続いてご飯が1人1合の釜炊きで登場。

さらに続いて、定食のセットとなる揚げ物も登場!

地魚料理さくら

とにかく量が多いから気を付けなよ、と言われて挑んではみたものの、量だけでなく味もヤバかった!

この場合のヤバいは不味い方のヤバいではなく、もちろん旨い方のヤバい。

地魚料理さくら

メニューを見ると、そこそこのお値段だなぁと思ってしまうかもしれないが、味と量を考えると逆にコスパが良いのかもしれない(笑)

まご茶の醍醐味、一杯目はたたき丼、二杯目はお茶漬け

魚料理は様々なものを食べてきたが、このスタイルで食べるのは実は初めて。

熱いお茶(だし汁)をかけることで熱の通った魚が生臭くなるパターンがあるので、それが気になって手を出したことがなかったのもある。

そんなことを気にしつつも一杯目のたたき丼を平らげて、二杯目のお茶漬けに移る。

テーブルにあるにんにく醤油をかけるのだが、これがまた旨かった。

地魚料理さくら

そして二杯目のお茶漬け。

予想に反して全く生臭さを感じさせずにこれも旨い。

地魚料理さくら

一杯目を食べ終えた時の残りの鯵のたたきを全部は乗せないで、だしをかけてもらい、お茶漬けが出てきたところで、追い鯵たたきをしたみた。

これでも生臭さは発生せず、熱の通った鯵と、半生状態の鯵とで別々の食感が味わえてこれも良かった。

残念ながらギブアップ。。。真の敵は揚げ物たち

まご茶自体は1合の米があっても問題なく平らげることが出来たが、難関が定食に付いてくる揚げ物。

揚げ物自体はこれまた旨い。

ただ、量が多い。

多すぎる。。。

普段から多いらしいのだが、こちらのお店で働いている知人の紹介ということもあって、いつもよりサービスしてくれたらしく、更に量が多い。。。

二女が眠気に負けて、頼んだうどんに全く手を付けずに寝てしまったため、自分が食べることに。

そんなこともあって、揚げ物は1つ2つつまんだぐらいでギブアップ。

あとはお持ち帰りにしていただいた。

やはり食べきることができずに持ち帰るお客さんも多いようだ。

食事を頼むと、ところてんが食べ放題になるのだが、残念ながらそれも一切手を付けられず。

色んな味があって食べたかったのだが、次の機会に取っておきます。

次は8月も近くへ来るので、ここにも寄って是非リベンジを果たしたい。

こちらのお店、かなりの行列ができて待ち時間がかかることも多いそうなので、ランチに行くならお昼のピークを過ぎたときが狙い目だそう。

ABOUTこの記事をかいた人

元プロレスラー。2011年に現役引退。Webデザイナー/Webディレクター。 最近の趣味は筋トレ(エニタイムフィットネス巡り)。糖質制限しながらもビール・日本酒が好き。早くマイホーム見つけて独立したい二児の父。