ロリポップ!無料の独自SSLをやってみたら超簡単だった

スポンサーリンク

一昨日、ロリポップ!が無料の独自SSLを提供開始したということを書きました。

ロリポップ!も無料の独自SSL開始でますます便利に
先日、サーバーをエックスサーバーに変えて、常時SSL化したことを書いたが、これまでメインで使っていたロリポップ!でも遂に無料の独自SSLが提供開始された。 年間の総コストを考えてのサーバー変更とSSL化だったのだが、これならこ...

どんなもんだろうと管理しているサイトで試しに行ってみたら、超簡単だったのでその手順をご紹介。

ホントにワンタッチ、そして5分ほどでhttpsでアクセスできる!

ロリポップ!ユーザー専用ページ

まずはユーザー専用ページにログインして「独自SSL証明書」→「証明書お申込み・設定」を選択。

「SSL保護されていないドメイン」からSSL化したいドメインのチェックボックスにチェックを入れて「独自SSL(無料)を設定する」をクリックするだけ。

ロリポップ!ユーザー専用ページ

ボタンの色が変わり「SSL保護申請中」の表示が出たら、待つこと約5分。

ロリポップ!ユーザー専用ページ

「SSL保護申請中」が「SSL保護有効」に変わり、サイトのURLがhttpsでアクセスできるようになったらSSL化完了!

一昔前に比べたら恐ろしいほど簡単になりましたね!

これでサイトがhttps表示されても「保護された通信」というのが出ない場合は、サイト内にhttpのままのコンテンツが残っている可能性があるので、画像やリンクのテキストなど、httpの状態で絶対パス指定が残っていないかチェックを忘れずに。

GoogleアナリティクスやSearch Consoleも設定している場合には、こちらもhttpsにすることが必須。

そして今までhttpだったものをhttpsにリダイレクトさせるために以下の内容を.htaccessに追記しましょう。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://sample.com/$1 [R=301,L]

独自SSLの設定の主なものは、このような感じです。

サイトをWordPressで運営している場合には「WordPress アドレス (URL)」、「サイトアドレス (URL)」もhttpsにしてあげる必要がありますね。