会社を退職して正式にフリーランスとなりました

3月最後の一週間は有給休暇の消化期間だったので、昨日で正式に会社との契約も終わりとなりフリーランスとなりました。

いつかは独立したいとずっと思い続けたことに対して動き出し、それが叶った一方で非常に責任も重大になった気がします。
これからは何の後ろ盾もなく自分自身の力で稼いで家族を養わなければならないので、何が何でもやるしかない。

フリーランスとして独立するまでに至った理由としてはいくつかありますが、色んなものが重なって、そうせざるを得ないようなタイミングになったので自分も動き出せたのかなと思います。
ここで今回の独立に至った理由をいくつか振り返ってみました。

元々フリーランス(独立すること)を目指していた

これは常々周りに言っていた話ですが、ウェブ制作の仕事を始めて間もないぐらいから、これはいつかは独立してやらなきゃいけないなと何故かそう思ってました。
仕事を続けていくうちにそれは強くなる一方で、何がそうさせたのかはわからないけど、この仕事を選んだからには独立するんだ!っていうのはずっと思ってました。

自宅を購入した(住宅ローンを組んだ)

自分1人だけなら派遣社員だろうが契約社員だろうが、正社員契約しなくても全然問題なかったのだが、家族抱えて自宅購入を考えたときに、派遣社員や契約社員、フリーランスだとまずローンが組みづらい。
一時期はとにかく住宅ローンを組みたいがために正社員雇用を目指して転職活動してました。

会社を辞めた理由として「ローン組んだから正社員雇用の必要がなくなったんでしょ?」と言われることもありましたが、確かに間違ってはいません。
実際のところ退職を会社に話し始めたのは、まだ住宅ローンを組む前だったから、辞めるという話が動き出してから上手い具合に物件がみつかり購入できたので、必ずしもそれだけが理由ではないし、それだけで会社辞めたら家族いるみで安易すぎるでしょう(笑)

子どもが小学校に進学することと嫁さんの仕事が忙しすぎる

4月から長女が小学生になるということで、保育園にいた頃よりも早く誰かが家にいられる状況を作らなくてはならない。
学童保育も保育園よりは短いという話を聞いていた。

そこに来て嫁さんの仕事がかなりの忙しさで、最近は保育園のお迎えも自分がよく行っていたほど。
せっかく仕事が上手くいきつつある状況の中で、子どもの時間が変わってしまうからといってそこを無駄にはさせたくない。

どうせPC1台あればどこでも仕事ができる自分が家での作業を中心に動くことができれば、そこは問題なく解消できるのではないかと。

地域のつながりを通じて仕事の話をいただくことが多くなった

これも大きな理由ですね。

子どもの保育園や住んでいる周りの地域の方々とのつながりを通じて、仕事の話をされる機会が非常に増えてきました。

せっかく自分のことを信用して依頼しようとしてくれているのに断り続けるのも申し訳ないし、非常に勿体ない話。

会社が副業禁止でなければ、これもどうにかなっただろうけど、なかなか面倒なことなので、それだったら独立しちゃった方が早いだろうと思った次第。

 

いくつか挙げてみましたが、主な理由としてはこんな感じでしょうか。

これからはもしかしたら今まで以上、これまで味わったことの無い困難が待ち受けているかもしれない。
どんなときでも強い気持ちで乗り切っていこうと思います。

そんなこと言ってられるのも今のうちだけ、と思う人もいるでしょう。
ただ、自分は一度言ったことは必ずやり遂げてきたから。

 

ABOUTこの記事をかいた人

1978年生まれ。ウェブデザイナー/ディレクター。大学卒業後、総合格闘技、プロレスでデビュー。腰椎&頚椎ヘルニアにより一時リタイア。療養中に少しずつウェブ制作の技術を身に付け、2011年の現役引退後は本格的にウェブ制作に従事。最近の趣味は筋トレ(エニタイムフィットネス巡り)。糖質制限しながらもビール・日本酒が好き。二児の父。4月から独立しフリーランスとして活動。