ジム帰りに深夜1人で行きたいステーキ店「サニーロード」

ステーキ「サニーロード」

ジム帰りに車を走らせていて、いつも気になっていたお店があった。

店の横に大きく「アメリカン風ステーキ」と書かれている。

アメリカン風?

アメリカン=アメリカ風で、風が被ってない?という突っ込みがどこかでされていたが、まさしく自分もそこが気になってしまった(笑)

何度か通って、入りたいなぁと思いつつも時間に余裕がなかったりして入れなかったのだが、本日ようやく行くことができた。

尻手黒川道路沿いのステーキ店「サニーロード」

今夜は妻子が保育園のお友達家族と外食だったため、仕事を終えて1人先に帰宅してから、まずジムで筋トレ。

食事がまだだったので、せっかくなら気になる「あのお店」に行ってみようと思い、ジムを出てから車を走らせること数分。

いつも気になるあの看板が見えてきた。

近くに有料パーキングを探そうかと思ったら、お店の専用パーキングの案内があったので、そちらに停めた。
少しお店から離れてはいるものの、そこそこ台数が停められるし無料なので有り難い。

自分がお店に入ったのは22時過ぎ。
夕食のピーク時を過ぎた時間帯だとは思うのだが、それでも店内は結構混みあっていて、自分が入ってから少しすると満席になっていたので、あと30分遅かったら入れずに他の店を探していたかもしれない。

メニューはもちろんステーキがメインだが、その他にはハンバーグ、ビーフシチューやドリア、チョリソーなどがあったが、今回はとにかく肉塊だ。

ステーキはレギュラーメニューには500gまでだが、900gまでは注文できるということ。

初めてということで様子見も兼ねて、ひとまず今回は500gで。

自分の勝手なポリシーとしてステーキは500gがデフォルトじゃないかなと思っている。
1ポンドが基本のところも多いので、そういうところは仕方なく我慢。

焼き加減はここも様子見のレアで。

そして、ちょっとだけ米も食べたかったので半ライスをオーダー。

さぁ、肉が来るのを待ちましょう。

肉は厚いけどかなり柔らかい、味付けは各自で行うスタイル

ステーキ500g

焼き加減がレアだったせいもあるのか、混んでた割にはそんなに待たされなかった気がする。

ステーキが目の前に運ばれてくると、肉の上には紙のシートが被せられていた。

このシートが何の役割を果たすのかはよくわからなかったが、早々にシートを取ってしまい早速食べ始めた。

店内に大きく味付け方法が貼ってあり、テーブルにある「岩塩」「ガーリックパウダー」「黒胡椒」「醤油」を使って各自の好みで食べるようだ。
その他、チューブのままでおろしにんにく、からし、ホースラディッシュだったかな?も置いてある。

こういうのが苦手な人もいるかもしれないが、町の中華屋風なこの感じは悪くない。
むしろ好きだ。

ステーキ500g

あれこれ試しながら食べてみるが、まず一番は肉が非常に柔らかいこと。

失礼ながら、ここまでの柔らかさは想像できなかった。

目の前の肉が飲めるように胃袋に消えていきました。

 

気になった点としては肉が分厚いせいもあり、レアだと中心部が冷たいので400gぐらいから上のグラム数で頼むときはミディアムレアぐらいが丁度良いかもしれない。

金額的にも悪くないと思ったし、「肉!」という塊が食べたいときにはピッタリのお店。

家族でやってるのかな?お店の雰囲気も凄く好きだし、深夜1時までやってるということなので、今度はもう少し遅い時間に来ても良いかな。

リピート確実なお店だな。

 

ABOUTこの記事をかいた人

元プロレスラー。2011年に現役引退。Webデザイナー/Webディレクター。 最近の趣味は筋トレ(エニタイムフィットネス巡り)。糖質制限しながらもビール・日本酒が好き。早くマイホーム見つけて独立したい二児の父。