86kg→78kg!ここ1年での体重の推移は筋トレと糖質制限の成果

体重計測

昨年の4月からジムに通い出して早1年半近く。

ジム入会当初の体重は86kg。重い時で88kg近くあった。

そこから1週間に2回ペースはほぼ崩さずに通っていて年が明けた時、確かに筋肉は付いて来ているのだが体重は減らず、体型もあまり変わっていないことが気になった。

ウェイトトレーニングだけじゃなく、有酸素運動も取り入れていたし、食事だって食べ過ぎないように気を付けていたつもりだった。

そんな状態だった自分が3月から取り入れた糖質制限によって緩やかながら確実に体重が減り始め、遂には80kgを切るようになるところまで来た。

これは糖質制限の効果に他ならないだろう。

糖質制限を始めたきっかけは二女のアトピー性皮膚炎

もともとは自分のためと思って糖質制限を始めたのではなく、二女の皮膚の様子がおかしいというところから皮膚科で軽度のアトピー性皮膚炎という診断と受けたところから始まった。

長女の急性痘瘡状苔癬状粃糠疹(きゅうせいとうそうじょうたいせんじょうひこうしん)という皮膚病を治療のときにも気になってはいたのだが、現代人の糖質過多の食生活は実際どんな悪影響を及ぼしているのだろうかと、二女まで皮膚に問題が生じていると言う事で、色々と情報を得るために本を読み始めた。

そこで得た知識をそのまま二女に実践するには、年齢を考えるとハードルが高いと判断したので、その効果のほどを体感すべく、まずは自分の体で実験することにした。

自分も尿酸値が高いという問題があるわけだが、糖尿病治療ではないので、それほど厳しい制限は課してはいないが、とにかく続けてみた。

それが3月ぐらい。

当時の体重は85kg弱。

減量を目的としていたわけではなくとも、有酸素運動もしていたにも関わらずジム入会時からあまり体重が変わっていなかったのは情けないところだった。

 

それが糖質制限を開始した直後で早々に体重が減り始めた。
有酸素運動は一切やらず、運動は筋トレのみ。

個人差はあると思うが、自分の場合はいきなり結果が出始めたのである。

体重の推移

アプリで計測したグラフを見れば一目瞭然。

途中も何度か計測していたはずなのだが、アプリエラーで途中経過が出ていないのは勿体ないが、一気に体重が減った後はこれほど順調な下降線ではなく、81~82kgを行ったり来たりする日々が続き、80kgを切っては翌日に81kg超えていたりなど、80kgは一つの壁だった。

そして遂に80kg台に戻らなくなる日が来た

相変わらず体重の増減はさほど気にすることは無かったのだが、どうせなら80kg切ってみたいなぁと思うようになってきた。

といってもやることは変わらず続けてきた。

ここ最近になって、空腹感を覚えることが少なくなってきたなと思った矢先に体重を測ってみたら79kg前半になっていた。

そういえば平日仕事している間の食事も自然と減ってきていた。

三食しっかり食べろはウソ!朝食べなくても集中力が切れない、眠気も来ない最近の食事

2017.08.03

こちらの記事で平日の食生活近況を書いたあたり。

日中の眠気も前日がよほど睡眠不足でない限りは来ないし、集中力の持続時間も長くなっている。

そして80kg前後を行ったり来たりするようなこともなくなったら、そこからはまた徐々に減る段階に入ってきた。

昨日の段階で食後の入浴前に全裸で体重計測して78.4kg。

プロレスラー引退前から、ほぼ10年近く80kg以上あった体重がようやくここまできた。

体重は気にしないと言い続けてきたが、ここまで来るともうちょっと絞ってみたいなと思う。

 

最近読んでいる糖質制限に関する良書↓

こういうこと知ってればもっと良い学校入れたのかなぁ(笑)

 

ABOUTこの記事をかいた人

元プロレスラー。2011年に現役引退。Webデザイナー/Webディレクター。 最近の趣味は筋トレ(エニタイムフィットネス巡り)。糖質制限しながらもビール・日本酒が好き。早くマイホーム見つけて独立したい二児の父。